新4年2月の日能研の全国公開模試結果と対策

あこまるです。

さて、今回は双子の新4年、2月時点の公開模試の結果です。

入塾していきなりテスト三昧ですが、受験生はテストに慣れていかないといけないから仕方ないのでしょうか。

日能研の全国公開模試について

日能研の全国公開模試は日能研生はもちろん受験しますが、その他、他の塾生や塾に入塾していない方でも受験可能なテストです。

ちなみに日能研ではクラスが多数ありますが、上位クラスでも下位クラスでも、公開模試の時には同じ問題が出されます。

※日能研生だけが受験する2週間に1回の頻度で開催される育成テストは上位クラスと下位クラスの問題は基礎問題と応用問題に分かれていて、一部問題が違います。

4科目

  • 国語・算数(各40分/各150点)
  • 社会・理科(各25分/各100点)
  • 合計 500点満点

時間

  • 午前の部 9時00分~11時40分
  • 午後の部 13時00分~15時40分

時間については各教室毎に違うので、受験する教室に準じます。

日能研の全国公開模試(実力判定テスト)の受験料はいくら

全国公開模試の受験料は以下の通りです。

4年生 4科 3850円、2科 3300円

5年生 4科 4400円、2科 3300円

6年生 4科 4400円、2科 3300円

 

4年生の4科だけ、少しお得になっていますね。

申し込みはインターネットからで、試験実施の約1ヶ月前から申し込みが可能で、試験実施の3日前までに申し込みする必要があります。

また、近くに教室がなくても自宅でテストを受ける事ができます。

日能研の全国公開模試(実力判定テスト)の規模や受験人数はどのくらい

日能研の全国公開模試(実力判定テスト)の規模はおそらく合格力を試す中学受験において最大級のテストとうたっている通り、かなりの人数が受験しています。

実力判定テストという名前でインターネットから申し込みができます。

4年生の2月の時点で2科で8000人台、4科で7000人台が受講されています。

北海道から沖縄県まで、全国展開している塾なのでやはり多いですね。

新4年2月の全国公開模試の試験範囲

全国公開模試では育成テストと違って範囲がありません。

が、おおむね育成テストと被っている事が多い様です。

今回の4科目の出題範囲は以下の通りです。

国語

  • 漢字(読み書き)
  • 言葉の用法
  • 指示語
  • 表現方法
  • 記述
  • 口調
  • 考え
  • 説明
  • 具体例
  • 具体化
  • 抽象化

算数

  • 整数の計算(足し算、引き算、掛け算、割り算)
  • 基本単位(重さ)
  • 長さの性質
  • 平面の性質
  • 平面の数列
  • 仕事算

社会

  • オリンピック
  • 富士山
  • 地図記号
  • 道案内の説明
  • 川の位置

理科

  • 昆虫の部位の名前
  • バッタの特徴と性質
  • タオルの重さと乾きやすさ
  • 物の溶け方

こうしてみると、先日行われた育成テストとかなり被っています。

新4年生 2月の育成テストの成績結果

つまり、育成テストで復習できていれば、おのずと公開模試の成績も上がってくるという流れになっているという事でしょうか。

さて、さて、うちの双の結果はいかに?!

日能研の全国公開模試の結果

M子 4科目偏差値 40台後半

  • 国語 100点台
  • 算数 70点台
  • 社会 60点台
  • 理科 70点台

 

A子 4科目偏差値 40台前半

  • 国語 80点台
  • 算数 20点台
  • 社会 50点台
  • 理科 70点台

あ(;’∀’)

結構差が開いています。

とはいっても、2人共40台です(;’∀’)

M子、日能研のMクラスでついて行けているのでしょうか?

この頃は全く見直しなどもしていませんでした。

それにしてもA子、算数が20点台って、100点満点でもかなりひどい成績ですが、150点満点での20点台ですからね(;’∀’)(;’∀’)

 

優秀なお子様はご両親も優秀で、入塾する前からなんだかんだと教育に力を入れているのでしょうか。

一方でいきなり入塾させられた双子。

まあ、こんなもの。

これが実力なんでしょうね。

日能研の全国公開模試の結果を踏まえた対策

さて、結果と対策です。

まだこの時期には何もやっていませんでしたが、公開模試は育成テストの範囲と酷似しています。

そのため、公開模試の対策として、育成テストの見直しが必須なのではないかと思います。

 

また、全く勉強しない双子に対しての対策として、今後は勉強計画ノートを作成し、時間とやる事をメモしていきながら少しづつ受験モードで対応していこうかと思っています。

やはり小さい頃からの積み重ねが勉強の成果に出てくるんでしょうね。

時間とお金が許すのであれば個人塾や家庭教師を頼むという選択肢もあるのでしょうが、うちはそういった選択肢はありません。

ただ、今後の成績次第でいろいろと考えていかないといけないのかな、と思っています。

後悔のないように、頑張りたいと思います。

もう遅いのかもしれませんし、家庭教師を頼むのであれば今なのかもしれませんが(;’∀’)

 

タイトルとURLをコピーしました