5年生のGWの勉強 日能研の宿題以外にしたこと

今回は5年生のゴールデンウイークにした勉強について記載します。

M子もA子も基本的にはいつも同じことをしています。

 

まあ、M子とA子は問題を解くスピードも理解度もかなり違うので、差が出てきてしまいます。

その差が成績にも表れているのかな。

 

とはいっても、双子共にぶっちぎりの優秀生徒ではなく、思いっきり普通の子供です。

ですが、今から頑張って難関目指していきますよ。

 

という事で、今回は双子がゴールデンウイークで勉強した事を記載します。

 

5年生のGWにやった勉強

 

じつはミーハーな私。

今回は突如下克上受験のドラマをみて、目覚めてみました。


下剋上算数 中学受験テキスト 基礎編【送料無料】

もう古いかもしれませんが、下克上算数の基礎編を買ってみました。

これは2014年に出版された桜井真一さんの中学受験テキストです。

 

今が2021年なので、すでに7年前のものですね。

通用するのかわかりませんが、衝動的に買ってしまいました。

 

1日10分で第100回まであるので、1日30分やれれば1ヶ月で終わります。

早速(親だけが)やるき満々でテキストを解かせてみたところ、、

 

いやあ、これを10分で特のはしんどい(-_-;)

偏差値40というのは、どの子供たちの偏差値なのだろうか。

 

M子は偏差値60以上の事もあるのに、なかなかてこずっています。

A子に至っては10分が30分になっています(-_-;)

 

なかなか厳しい世界でした(;’∀’)

 

が、GWの5月1日から5月5日の5日間で15問、挑戦しました。

 

結果、M子はなんとか終了です。

A子は現在第8回で止まっています。

 

ええ、ここでもやはりスピードの差がありました。

双子でこれなら、できる子とできない子の差はそりゃ開いていきますよね。

 

できる子はどんどん問題を解けるし、スピードも速い。

そして、できない子は問題を解くのも遅いしわからないからやる気もなくなる、と。

 

M子とA子を見ていてもこんな調子なので、偏差値20台から難関校へと這い上がっていくのはかなり厳しい道のりですね。

 

この中学受験テキスト、衝動的に購入しましたが、結構よさそうです。


下剋上算数 中学受験テキスト 基礎編【送料無料】

M子、図がかけないから解けない、図がかける様になったら解けるのに、と言っていました(-_-;)

 

そう、そこなんです。

図が大切です。

 

算数は図がかける様になったらかなり偏差値上がると思いました。

そして、問題を読んでいくのと同時に図を書いていくことが大切なのかな、と思いました。

 

この調子はM子はガンガン突き進んでいっていただきたいと思っています!

(じつは下克上算数の難関編も購入してますからね)

 

そして、A子も図で説明すると頑張ってやってくれます。

ただ、親(私の事)がそんなに賢い方ではないので、解説を読んでもわからない所があったりします(-_-;)

 

まあ、そのわからないところを親子でゆっくりと一緒に考えたりするのも今の5年生の5月の時期ならいいのかな、と開き直っています。

 

比や食塩水についてはまだ習っていないので、予習シリーズの問題集を購入して、そこで予習をしつつ進めていきました。

 

A子、ようやく8回目よ(;’∀’)

もうゴールデンウイーク終わりましたけどもね(;’∀’)

 

このままだとA子が基礎編を終了する頃にはM子は難関編が終わっているんじゃないか?!

 

今日は育成テストですが、テストの直しが終わったら、A子には第10回まではやってもらおうと思っています。

 

M子もA子も頑張れ~!

トンビの親からタカになれ~!!

タイトルとURLをコピーしました