育成テスト後に疲れて寝てしまう子供にイライラしつつ、反省しつつの日々

さて、昨日は育成テスト(通称カリテ)でした。

育成テスト(カリテ)の後に寝る子供

「ママ子、テスト頑張ってくるよ~!」
早速と出かけて行った双子(M子とA子)たち。

さて、かえって来たとたんに
「テストで疲れたから、ねる」と( ゚Д゚)

テストの後は復習が大切です。
まずは答え合わせだけでもすればいいのに。。。

とかいいつつも、答え合わせも一度もした事がありません。
いつもママ子さんの役割と化しております。

イライラしつつも、けなげに双子の育成テストの答え合わせをするママ子です。

テストの答え合わせは誰がするのか

育成テストの答え合わせや、全国公開模試の答え合わせはともかく、日々の栄冠への道のテキストの答え合わせもやった事がありません。

有名な進学校へ合格させたママさんが、
「答え合わせは子供のできない所を把握するために私がやっている」
という言葉をうのみにして、4年生の終わり頃から答え合わせはママ子がやっています。

が、それが当たり前になってしまった今日この頃。

仕方なく子供が寝ている間に育成テストの答え合わせをしています。

確かに問題を見て、それに対しての対策を立てられるのであれば答え合わせを親がするのはいいのかもしれません。

が、ママ子の様なずぼら人間は回答用紙だけを見て答え合わせをしているので単純に時間がかかるだけ、ございます。

時間効率でいえば子供自身が答え合わせをした方がいいと思います。

特に自分一人で学習できる子にとっては時間短縮や自身の苦手分野分析のために子供がする事が望ましいです。

が、これは賛否両論あるのでなんとも言えませんね。

ちなみに日能研の双子の塾長は、答え合わせは子供にやらせてください、と言っていました。
やらないから、今は仕方ない、ね(-_-;)

親子共にそういう甘えがいけないのかしら(;’∀’)
そんなこんなで、やはりイライラしつつ、反省しつつ、双子の答え合わせをしています。

2021年5月22日 5年育成テスト自己採点結果

そして、ママ子の自己採点の結果は、、相変わらずの双子です。

M子、最近、500点満点中の400点が取れません。
新五年生が始まった頃はもう少しやる気があり、400点以上コンスタントにとれていたはずです。

平均点はそんなに変わっていないのに、M子だけが落ち込んでいっております(-_-;)
実際に新五年生の2月から3月までは400点以上でした。

が、4月以降は一度も400点以上取っておりません(-_-;)
M子、頑張っているのですが、いつもクラス落ちしたらどうしよう、が口癖になっています。

さて、一方のA子は2月に300点以下でした。
その後はまあ350点から400点の間をジグザグしていました。

いや、今回は下がっていますね(-_-;)
350点以下でした(-_-;)

これが5年生の壁というものかしら?

勝手に5年生の壁と名付けていますが、4年生の壁も経験しましたし、6年生の壁も経験するのかな。

きっといつも壁にぶちあわるのが我らが双子です。
でも本人はぶつかっていると思っていないから幸せですよね。

下克上算数基礎編も進まない

そして、ゴールデンウイークにやろうと思って購入した下克上算数。


下剋上算数 中学受験テキスト 基礎編

こちらも全く進んでいません(-_-;)

最初はママ子自身、張り切っていました。
そして、双子たちもまあまあ乗り気でした。

が、今となってはどうでしょうか。

M子の方は第25回、なんとか1日1回以上のペースでやれています。
GWに頑張りましたからね!

A子はと言いますと、現在第15回が解きっぱなしで終了しております(-_-;)

みなさまどうやって勉強しているんでしょうか?
うちの双子は睡眠時間が短縮できない(9時間以上必要?!)ので、それだけでかなり遅れているのかもしれません。

下克上算数 基礎編にかかる時間

M子編

M子は下剋上上算数の1回を解くのにだいたい15分前後かかります。
ただ、10問全部やっているわけではなく、7問か8問ほどやって、の時間です。

そして、その後やり直しをしますが、これまた時間がかかります。
だいたい1回について30分弱かかります。

なので、下克上算数(基礎編)を1回終わらせるのに1時間ほど時間を要します。
なかなか大変な道のりです。

A子編

A子はさらに時間がかかります。

下剋上算数を1回解くのに、20分ほどかかります。
が、やっている問題は3問ほどです。

そして、あとは勘で解くという、ね(-_-;)
それを公言するところもまた子供っぽいですが(-_-;)

そしてさらにやり直し開始までの説得に時間がかかります。
要はやる気がない状態です。

どんな子でも本人にやる気がないと、というのを痛感しています。

そして、やり直しは1問ごとに休憩を取ります。
1問やり直すごとに15分位かかります。

という事は、全部で15分×10問の150分!
約2時間半ほどかけてようやく1回が終わります。

そりゃ毎日続けるのは至難の業ですよね(-_-;)

難易度があっていないのか、とも考えましたが、ちゃんと説明するとA子、理解はできている気がします。

なので、これは本人のやる気の問題なのかと思っています。

みなさまどうしているのかしら(;’∀’)
今からこんなペースで進んでいますが、受験する気はあるみたいです。

塾辞めてもいいよ、と言ったりもするのですが、それは嫌、と。
なら頑張ろう、というのですが、それも嫌、と。

難しいお年頃です。
反抗期でしょうか?!

今後やる気が出てこればいいのですが、本人にとっては今もやる気があるみたいです。

ふむ。

という事で、ここまで読んでいただきありがとうございました。

下剋上算数 中学受験テキスト 基礎編【送料無料】

ただ、下剋上算数は結構おすすめだと思います。
親のやり方次第なのかな(-_-;)

タイトルとURLをコピーしました